ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

高校中退、大学中退、修士課程中退

中退というと、タイトルにあげられるみっつを思い浮かべるのではないだろうか。修士課程中退は大学院中退といってもいい。
それ以外にも、小学校中退、中学校中退とあるだろうと言われるかもしれないが、この二つは考えなくても良いと思う、なぜなら、義務教育であるし、極端な話、出席しなくても進級、卒業できるからだ。
実際、私も中学生のときに不登校を経験したが、難なく進級することができた。
家に訪ねてくる担任を気にしなければ、中退などせずとも行かなければ良い。(そもそも義務教育なので中退できるのだろうか?私は不登校当時、中退という発想はなかった。)しかも、中退せずとも、不登校になれば、次年度のクラス替えのときに、問題のある生徒と離してもらうことができるし、さらにいえば、公立高校の入試で見る成績も、中3のものだけである。特に最近は中学校に全く行けなかった子を受け入れている高校もある。

私は中学校で不登校、高校も出席日数が足りず赤点でもないのに補習を受ける、大学休学、修士課程中退と、不登校、中退のベテランみたいなものなので(そんなやつがなぜ大学院に進学したのかについてはまた述べたい)、お盆という暇な時間を利用して、自分の人生を振り返って、それぞれの中退について、また休学について、どう考え、どう判断したのか、改めて思い出してみたい。

そもそもなぜ中退を考えるか?
人それぞれであるだろうが、大まかに言えば、学校に通えない状態になっているからである。(他にも、自分のやりたいことが見つかったという場合もあるだろうが、そのような夢溢れる人の場合はこのブログを見ないだろうし、私も分からない。)

そうなったとき、2つの選択肢がある、休学と中退である。
その際、中退という選択肢を選ぶかどうかだが、それは(中退後の)リカバリーのしやすさと(休学後の)リカバリーのしにくさを考えなければならない。

タイトルのみっつのなかで、最も休学後のリカバリーがしやすく、最も退学後のリカバリーがしにくい、つまり最もしてはいけない選択肢と考えていたのは大学中退である。

そして、退学後のリカバリーがしやすいとはいえないが、休学後のリカバリーは最も難しいのが、高校中退である。

最後に、休学後のリカバリーは中程度のむずかしさだが、退学後のリカバリーが最も簡単なのが大学院中退である。

次回から、それぞれの時期において、高校退学、大学退学、大学院退学を選ぶべきなのかどうか、自分の考えを書こうと思う。
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サービス残業と損得勘定

近年ブラック企業が選挙の争点にもあてられ、問題になっている。

そんなブラック企業の特徴としてあげられるのはサービス残業の存在だと思う。
サービス残業とは、賃金の発生しない残業のことである。
これはあきらかな違法行為である。
しかし、現在日本社会では、仕事が終わっていても、みんなが帰らないから
帰れないなどの無駄なサービス残業が恒常的に行われているのが現実である。

私はサービス残業が大嫌いである。
といっても私は、就職はしたことがないので、いまのところアルバイトにおけるサービス残業がである。
塾講師のバイトの終わった後の報告や、生徒を残って教えてくれという要望
本屋のアルバイトの早出して連絡を読むという行為、酒屋のバイトのタイムカードを押した後の残業など
賃金の発生しない、仕事というものが大嫌いである。(バイトころころ変えすぎだろ・・・・。というのはご容赦いただきたい、こういう性格だからころころバイトを変えるのである。)

しかし、我々が復帰しなくてはいけない日本社会では、まだまだこのサービス残業が行われているのが普通である。
一刻も早く駆逐されるべき慣習で、私もこのことを訴えていきたいとは思うのだが、
それほど早く変わるものではないだろう。

そこで行わなければならないのが、認知のゆがみ(異常な損得勘定、仕事をお金でしか考えられない。)
の修正であり、ストレスケアでいう、ストレスを感じない考え方になるということである。

少しのサービス残業でも嫌悪感がするというのでは、日本社会ではやっていけない。
ただ、過度なサービス残業は拒否する勇気も必要である。

そことのバランスでちょうど良い、自分が納得できるようにする必要がある。
石原加受子さんのいう自分中心心理学でいうと、ここまではやってもいいかなというところまでやるとはっきり言い納得したうえでサービス残業をするということである。
しかし、そのためにはまずはここまではやってもいいかなと思える自分になる必要があり、
そのためには過度な損得勘定をなんとかしなくてはならないだろう。

サービス残業Q&A 無くせば上がる仕事の効率

サービス残業Q&A 無くせば上がる仕事の効率
価格:1,401円(税込、送料別)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

うつ病を経験して、大学院を中退して、それから

このブログに訪れてくれる方は 大学院中退 か 薬の減薬、断薬 に興味があり
検索して訪れてくださる方が多いという印象である。

大学院を中退しようという方
また、僕のようにうつ病から薬をやめて、これから社会復帰しようという方に向けて今日の記事は書こうと思う。

鬱病の方や、大学院中退をしようとしている方を対象に書くので
統合失調症や、その他の病気を抱えている方は参考にはしないで欲しい。

まず、大学院を中退してから、またはうつ病になったときにすることは休息である。

ボロボロになってしまったわけだから、まずは心と体を休めてあげる必要がある。
それから社会復帰の準備を始めても十分間に合うし、休む前から復帰のことばっかり考えていてはよくなるものもよくならない。(実は僕も大学院を中退してから1か月程度休息にあてていた。そのためこのブログも特に書くこともなく、放置していた。)
そして、うつ病の場合は、病気を治すために、医師の指示にしたがって、薬を服用して欲しい。ただ、薬の合うあわないは正直にいうべきである。僕もジェイゾロフトを始め服用していたが、副作用がかなり強く出てパキシルに変更してもらった。そして、十分に回復して、薬も断薬していこうというところからこれを書こうと思う。

まず、大学院中退やうつ病を経験して思ったことは、この特異な、非常に辛い状況下から抜け出すことができれば、自分はもう大丈夫だろうと思ってしまうことである。

これは大きな間違いであると思う。

鬱病を経験し、自分は強くなった、もうこのような状態になることはない。と感じてしまった。しかし、うつ病は再発するケースが多いそうである。たしかに、うつ病になるなという感覚が自分で分かるようになり、ストレスを前よりは貯めこまなくなるかもしれないが、決して強くなったわけではない。
そして大学院中退の場合も、社会復帰したあと、同じような状況になるかもしれない。

ここで意識したのが、自分は他の人よりもストレスに対する抵抗力が低いということである。

うつ病は説明しなくてもお分かりいただけると思うが、大学院中退の場合も、環境が悪かったと思われるかもしれないが、そんな環境でも割り切って過ごしている人だっているのである。

そして、大学院を中退したから、うつ病を経験し、十分に休息をとったからといって、
そのストレスに対する抵抗力は全く強くなっていないと僕は感じた。

したがって、社会復帰する前に必要なことはストレスに対する抵抗力を上げることである。
このための手法はみっつ挙げることができると思う。

・ストレスの解消法を身に着ける
ストレスというのは、蓄積して影響がでるものであるらしい。
そこで、ストレスを加えられたときにその都度解消していけば、大きなストレスにはなりにくい。
外部のストレスによる影響を最小限にする方法である。
(自律訓練法、筋弛緩法、趣味をみつけるなど)

・ストレスに強い身体、精神になる、ストレスに慣れる
体力をつける、タフな精神になる、自分がストレスを感じる状況に慣れるなど。
外部のストレスに対して自分自身の抵抗力をあげることである。
(ジョギング、筋トレ、マインドフルネス瞑想、積極的に外出する、自分の嫌なことを書き出していきそこにレベルをつける、そして低いレベルのものから少しずつ慣らしていく)

・考え方のくせを修正する
同じストレスでもそれを重大にとらえてしまう自分の考え方のゆがみを直す必要がある。
そもそもストレスを感じないようにする方法である。
(認知行動療法、ここでもワークなどを紹介する予定である。、良いカウンセラーを見つける)

僕も自律訓練法、体力をつけるということは行ってきた。
今後趣味を見つけたり、積極的に外出するなどしていきたい。
また三つめの認知行動療法、ワークについては今後やっていく予定で、
調べた結果や、実施結果をこのブログに載せていきたい。
休息のためしばらくサボっていたが、このブログも頻繁に更新できればと思う。

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストレスを受け流すには(マインドフルネス瞑想)

先日のストレスケアのセミナーで紹介してもらったもう一つのストレス対策法が
マインドフルネス瞑想と呼ばれるものです。

同じ「いやなこと」があっても、それを受け取る人によって、
ストレスの度合いは異なっています。
僕なんかは、それを重く受け止めて、長い間非常に大きなストレスになるでしょう。
一方、そんな「いやなこと」を受け流すことができる人がいます。

そんな受け流す練習がマインドフルネス瞑想なんだそうです。

やり方はこちら
①椅子や床に背筋を伸ばして座ります。ただし背筋以外の部分はゆったりとさせ
口元をゆるめましょう。

②意識を椅子や床と触れている部分に向けます。その部分の感じを1分くらい味わいます。

③息を吸うときにおなかが動く感じに意識を向けます。これを好きなだけ続けます。

これだけです。
ただ、③のときに、いろいろと考えてしまうと思います。
そんなときは、「あ、いま考えていたな」と気づき、
呼吸に意識を戻すとよいそうです。
そのとき、そのような考えを受け流す練習になっているなと感じることができると思います。

考えと、いまの状態をつなげるために呼吸をアンカーとして使うのだそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ストレスケアのセミナーに参加しました(自律訓練法)

近くでやっていたストレスケアのセミナーに参加してきました。

テレビとかにも出てるストレスケアの先生のお話でいろいろ参考になりました。

その中でも参考になったものを紹介したいです。

まずは自律訓練法

やり方
①落ち着ける場所で、座るか寝る。そして目をつぶる。

②気持ちが落ち着いている・・・と心の中でつぶやく

③右手が重くなる・・・と右手が重く感じるまで繰り返す。

④③を左手→両手→右足→左足→両足と繰り返す。

⑤余裕があれば暖かくなる・・・バージョンで③④を行う。

⑥両手を数回グーパーして伸びをして目をあける。

以上です。僕は以前から自律訓練法を知っていましたがもっと難解なものだったので
こんなに簡単にできるとは知りませんでした。
ストレスを感じると乱れがちになる自律神経を整える効果があるそうです。
毎日繰り返すのが大切らしいので続けようと思います。

最新記事
フリーエリア
プロフィール

根性なっしー

Author:根性なっしー
うつ病、パニック障害で一年休学し、復学した後、大学院まで進学したものの一年で中退しました。

社会復帰するためには精神的にも、体力的にも強くならなければならないと痛感。

また、精神薬依存からの脱却も目指しています。過去にパキシル、コントミン、アモキサン、テトラミド、ジプレキサは断薬成功、しかし、ベンゾジアゼピンやアカシジア止めの薬などは減薬中です。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

社会復帰 ストレスケア 大学院中退 孤独 減薬 断薬 アニメ 認知行動療法 アニメ実況 ジプレキサ副作用 ジプレキサ 公務員試験 大学院中退者希望 認知のゆがみ アカシジア ベンゾジアゼピン 睡眠薬 SSRI 信用できないカウンセラー 自律訓練法 マインドフルネス瞑想 高校中退 大学中退 マインドフルネス 大学院中退を迷う訳 休学 ピルカッター TOKYOMX 2ch 既卒の就職活動 東急ハンズ 通販 大学院中退者の就職活動 就職活動 就活 実況板 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR