ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大学院中退からの就職活動

このブログのタイトルは大学院中退からの社会復帰である。

これから大学院を中退しようとする方のために大学院を中退する場合の就職活動について
まとめて書こうと思う。

まず、大学院中退(希望)者の就活としては以下の三つが挙げられると思う。
公務員試験
②既卒として就活
③新卒に混じって就活

それぞれについて、利点や欠点を述べる。

公務員試験

公務員試験自体の説明は他に多数サイトがあるので、そちらにまかせるとする。
公務員試験というのは、大学院中退者にとって、一番オススメの選択である。
大学院中退者にとっての公務員試験のメリット、デメリットは以下である。

大学院中退という経歴がありふれていること
これは、大学院一年の時に公務員試験を受け、合格したため、公務員になったという人はかなり多い。
実際、配属先の上司も大学院中退でしたというのが普通にある(実話)
大学院中退という経歴がデメリットになることはまずないといえる。

◎大学院に在籍した一年分、給料が上がること
民間に就職した場合、給料は学部卒と同じになってしまう。しかし、公務員の場合、大学院の一年を職歴と考え、給料をあげてもらえる場合がある。

×受験機会が限られる
日程が被るため、あまりたくさんは受けることができない。特殊日程を狙うのもいい。

×専門の勉強が必要
公務員試験は勉強が必須である。ただ、7月採用などを行っている自治体もあり、そこでは
面接試験のみといった試験もあるので、そこを狙っていくのもアリである。

×合格が出るのが遅い
大体早くて6月、市などは8月末までになることも多い。
一年の夏に受けてしまうのがオススメ。

②既卒として就活

これは、大学を卒業した年に就職ができず、すでに大学を卒業した身分として、就活を行うものである。

◎いつでも始められる
既卒の就活は、辞めようと思った瞬間から始められる。ただ、その企業が募集を行っているかは別。

◎いつまでも続けられる
新卒だといつまでに内定を取らなければヤバイという時期があるが、既卒はそれがない。
ただ、卒業3年までの第二新卒という制度があり、それを考えると、大学卒業後3年が一つの期限になるかもしれない。

×企業数が少ない
既卒を受け入れてくれる企業はまだまだ少なく、また、どの企業が既卒を受け入れてくれるか、HPなどに中には載っていない企業もあり、わざわざ説明会で確認する必要があることも多い。

×難度が高い
そもそも既卒の採用数が少ない、ライバルも多いため、新卒の就活に比べると難度が非常に高い。

③新卒に混じって就活

これは、来年度大学院修了見込みの新卒として就活するということである。
そして、内定をもらった後に、会社に大学院中退の意思を伝え判断を仰ぐ。

◎企業数が多い
新卒なので、当然受けれられる企業は多い。

◎難易度が比較的低め
新卒として就活するので、内定は比較的出やすい。

×内定=就職決定とは限らない
内定後に大学院中退を言うので、当然企業によっては内定取りけしとなることも覚悟しなくてはならない。
ここで企業選びに注意してほしいのは、修士を条件としているところや、自分の研究内容と関連しているところは避けるべきであろう。これは、その企業が大学院修了の知識を買って、採用している場合が多く、
その場合はまず取り消しになると思ったほうがいい。
どうしても行きたい企業に内定がもらえて、その企業が中退を許してくれないという状況になったとき、
就職のために我慢して大学院を続けてみようと考えるのもあるかもしれない。

×電話が面倒
大学院中退したいとはなかなか言い出しにくいもの。
しかし、内定辞退すると思って電話すると比較的うまくいきやすい。

以上、大学院中退者のための就活の例をあげてみた。
私は①~③まで全部併願して行った。これが一番オススメだと思う。

スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

他大の研究室を目指す人へのアドバイス

今日は、研究室選びを失敗したものの一人として、他大学から別の大学に移る際に、失敗しないように、後進のため、アドバイスしようと思う。このアドバイスは主に、就活に失敗し、期限伸ばすためなど色々な理由で大学院に進む人で、とりあえずは博士課程進学は目指していない人を対象とする。

①ホームページや、学会誌などを読んでまずは対象となる研究室を探しましょう。
ここで気をつけるべきポイントは、
・外部からどれだけ人を受け入れているのか
(内部が主だと、僕のように研究室には馴染めても、他のコミュニティには所属しづらいということが有り得ます)
・主な就職先はどうなっているのか
(公務員が多いと安心はできません、就職先がなくて公務員というのもよく聞きます)
・研究室の現在の人数は何人なのか
(あまりに少ない≒人気がない≒就職先も期待できない。ですし、教えてくれる先輩もいなければ、教授の指導能力にも疑問と、僕のように少なければ人間関係がらくじゃんと選ぶとかなり危険です。)
・単純に学歴
(就活の最終学歴は大学院です。僕のように大学院は研究室が問題で学歴は重要ではないと鷹をくくっていると痛い目を見ますよ。)

②そこの先生と連絡をとりましょう
メールで良いと思います。必ず研究室訪問させてくれるようにお願いし、先輩と会う機会を設けてもらいましょう。
・自分の専攻してきたこと、興味のあるテーマを伝え、だいたいどのようなことがその研究室でできるか聞きましょう。
・修士のテーマ案まで話せるとベター
(この時点で地雷教授か見分けるのは困難です。零細研究室の場合、それは学生が欲しいですから、丁寧に対応しますが、イコール良い教授ではありません)

③研究室訪問をしましょう
ここで聞くべきポイントは以下に挙げますが、必ず以下のポイントに分けてメモをとってください。聞いただけでは駄目です。僕がそうでした。
・研究室の義務
質問として、例えば、
週何回ゼミがあり、どんなことをするのか?
(基本ですね。他の研究室との合同ゼミの有無も要確認)
つらいことはなんですか?
(ここは重要です。英語での修論、きつい成果報告会など色々と教えていただきましたが、メモせず聞き流してしまいました…全てをメモりましょう!)
コアタイムなど(あれば笑)
・研究室の雰囲気
週何回、何時くらいから研究室に来ますか?
出欠などは重視されますか?
就活期間中は時間をくれますか?
・指導方針
ゼロからでもやっていけますか?
教授は指導してくれますか?
・就職
推薦は充実していますか?
(就職先ではなく推薦のあるなしを聞きましょう。理系の就活では推薦が強い武器となる場合が多いです。就活で苦労して大手の場合はその人の力量にもより、あてにならないこともあります。)
主な就職先はどこですか?
(一応聞いておきましょう。参考程度。SEが多いなら少し注意ですかね。)
・大学院試験対策
せっかく潜り抜けた先輩がいるので聞いてみましょう。僕はここで過去問をいただき、スムーズに試験を突破できました。といっても実質フリーパスのようなものですが笑

④家に帰って、これまでのメモを見て、もういちど真剣に考えましょう。
・メリット、デメリットを書き出す。
(みな僕のように一度いいと思い込むと、メリットしか見えず、不安を隠してしまうことはないと思いますが、良いてん、悪いてんは、書いてみて初めて分かることも多いです。めんどくさがらずに!)
・親や友人に相談する。
(僕は妙なプライドから、これを怠りました。真剣に、色々な人に相談しましょう。)
・ちょっとでも不安な点があれば①に戻る。なっとく行くまで徹底的に研究室調べ、訪問を行う。
(僕はこれを怠りました。就活もなく、まだ暇なはずなので、とりあえず興味のあるところはかたっぱしから行きましょう。視野を広げる良い機会にもなります。)

以上ですが、私が声を大にしていいたいのは、全てをメモにとり、メリットデメリット、特にデメリットをきちんとまとめることです。入ってからデメリットを改めて認識してしまい、あのとき聞いていたのにと後悔するのを避けましょう(実体験)
そのデメリットも受け入れた上で、それでもいきたいんだというのを決意しましょう。しかし、そう決めたとしても、視野狭窄にならないために、①から④のステップを繰り返しましょう!(五回くらいすれば良かった)
大学院中退


最新記事
フリーエリア
プロフィール

根性なっしー

Author:根性なっしー
うつ病、パニック障害で一年休学し、復学した後、大学院まで進学したものの一年で中退しました。

社会復帰するためには精神的にも、体力的にも強くならなければならないと痛感。

また、精神薬依存からの脱却も目指しています。過去にパキシル、コントミン、アモキサン、テトラミド、ジプレキサは断薬成功、しかし、ベンゾジアゼピンやアカシジア止めの薬などは減薬中です。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

社会復帰 ストレスケア 大学院中退 孤独 減薬 断薬 アニメ 認知行動療法 アニメ実況 ジプレキサ副作用 ジプレキサ 公務員試験 大学院中退者希望 認知のゆがみ アカシジア ベンゾジアゼピン 睡眠薬 SSRI 信用できないカウンセラー 自律訓練法 マインドフルネス瞑想 高校中退 大学中退 マインドフルネス 大学院中退を迷う訳 休学 ピルカッター TOKYOMX 2ch 既卒の就職活動 東急ハンズ 通販 大学院中退者の就職活動 就職活動 就活 実況板 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR