ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大学院は中退すべきか、休学すべきか?

人生振り返りシリーズもラストである。
今回は大学院であるが、私は大学院を中退した。
したがって、私の考えは、休学して来年復帰か、中退か、迷うくらいであれば中退し、進路を考えるべきだと思う。

今回も例によって、リカバリーの面から考えたい。
まずは、休学からの復帰である、これは一見、大学院は授業も少ないし、簡単と思われるかもしれない。しかし、大学院という場所はゼミや論文紹介、合同成果発表など、大学よりも遥かに負担が大きく、また研究室、専攻という、大学よりもかなり濃密な人間関係があり、さらには卒業には結果を要求される。
そのため、これはうちのトップの先生に聞いた話ではあるが、大学院を休学して復帰し、無事卒業できるのは非常に難しいそうなのである。
しかも、休学する場合、年齢はもう23、24以上である。同級生が皆働いているなか、自分は休学し、さらにもう一年間大学院で勉強しなくてはならない。果たして回復を焦らず、ゆっくり休養できるだろうか?

次に、中退からのリカバリーである。大学院を中退した場合、最終学歴は大卒である。高学歴であり、理系畑で過ごし、友人もみな高学歴な理系ばかりの方だと、たまに誤解しているのであるが、日本では、大部分の方の最終学歴は大卒であり、大学を卒業したら就職している。大学院卒はまだまだ少ない。しかも、大学院は入るのが簡単なので、企業も大学院名よりも大学名を見るという噂すらある。
つまり、日本には研究職やコンサルティングを除き、ほぼ大学院卒で無ければ入れない企業などない。また、公務員試験も、以前書いたように、大学院中退はありふれているし、1年分の給料加算や大卒区分であれば、30~35歳までチャンスがあるなど、大学院中退でも非常に幅広い進路の選択をすることができる。

このように、研究職やコンサルティング職に就きたいという研究適性のある方はそもそも休学を迷わず選ぶはずであるので、大学院を休学すべきか、中退すべきか、迷うのであれば、早く見切りをつけて、中退を前提として、新しい進路を探す方に力を向けた方が有意義である。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
プロフィール

根性なっしー

Author:根性なっしー
うつ病、パニック障害で一年休学し、復学した後、大学院まで進学したものの一年で中退しました。

社会復帰するためには精神的にも、体力的にも強くならなければならないと痛感。

また、精神薬依存からの脱却も目指しています。過去にパキシル、コントミン、アモキサン、テトラミド、ジプレキサは断薬成功、しかし、ベンゾジアゼピンやアカシジア止めの薬などは減薬中です。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト

社会復帰 ストレスケア 大学院中退 孤独 減薬 断薬 アニメ 認知行動療法 アニメ実況 ジプレキサ副作用 ジプレキサ 公務員試験 大学院中退者希望 認知のゆがみ アカシジア ベンゾジアゼピン 睡眠薬 SSRI 信用できないカウンセラー 自律訓練法 マインドフルネス瞑想 高校中退 大学中退 マインドフルネス 大学院中退を迷う訳 休学 ピルカッター TOKYOMX 2ch 既卒の就職活動 東急ハンズ 通販 大学院中退者の就職活動 就職活動 就活 実況板 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR